抜けた歯はすぐに補いましょう

虫歯や事故などで歯を失ってしまった場合、目立つ前歯の場合はすぐに治療する方がほとんどですが、奥歯の場合は抜けたままという方がいらっしゃるようです。しかし、歯はお口だけでなく全身の筋肉のバランスにも大きな影響を与えます。目立たないからといって放置すると、身体にさまざまな不調が出ることもあるのです。

百瀬歯科医院では、入れ歯治療やインプラント治療といった、失ってしまった歯の機能を補う治療を行っています。歯を失ってしまった場合は、できるだけ早くご相談ください。見た目も機能も改善できる治療法をご提案します。

入れ歯が苦手な方、不具合を感じている方は
インプラントも選択肢の一つです。

  • 何度つくっても入れ歯が合わない
  • 硬いものを食べたい
  • 入れ歯が邪魔でうまくしゃべれない
  • 入れ歯が当たって歯ぐきが痛む
  • 入れ歯が動いてうまく噛めない

このような場合、思い切ってインプラントに替えてみてはいかがでしょうか。入れ歯を何度もつくり直していると、次第に顎の骨が小さくなって、インプラント治療を適用させるための骨が足りなくなります。そうなると、インプラントに替えたくなってもうまくいかず、一生入れ歯をつくり直し続けなければなりません。

当院では、早めのインプラント治療をおすすめしています。インプラントについて不安がある方には丁寧に説明しますので、ぜひご相談ください。

インプラントとは?

歯を失った部分に生体親和性に優れた、主にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に様々な被せ物を製作する治療方法です。人工歯根と被せ物をつなぐ接続部分は、金属性と陶材(セラミック)の2種類があります。被せ物には強度のあるものやメタルフリーのものなど様々な種類があります。

<メリット>
ご自身の歯と同じように噛め、違和感も少ないです。周囲の健康な歯へ負担をかけることなく歯を取り戻すことができるので、最善の治療法と考えられます。
<デメリット>
人工歯根を埋め込む外科的な処置が必要となりますので、全身疾患や口腔内の状態によってご選択頂けないケースがあります。保険外治療となり、治療期間も数か月かかります。

材質:チタン+被せ物
審美性:★★★★★  使用感:★★★★★
耐久性:★★★★★  価格:\430,000~(税込)

インプラントはこのような方におすすめです

  • 抜けてしまった歯の数が多い方
  • 事故などによる外傷で歯を失ってしまった方
  • 健康な歯を削りたくない方
  • 入れ歯の見た目が気になる方
  • 使っているうちに入れ歯が合わなくなった方
  • 入れ歯を着脱する手間がわずらわしい方 など

インプラント、入れ歯、ブリッジの比較表

インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め、その上に人工歯を被せる。

失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する。

両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる。



  • 見た目が自然
  • 違和感がない
  • 硬いものでも噛める
  • 周囲の歯を傷つけない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される




  • 治療費が割高
  • 外科手術が必要
  • 治療を受けられないケースがある
  • 見た目が良くないことがある
  • しっかり噛めないことがある
  • 違和感が出ることがある
  • 隣の歯に負担がかかる場合がある
  • 手入れをする必要がある
  • 合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

歯科用CT(Naomi-CT)

歯科治療で使用するインプラント治療等、目に見えない部分の治療や分析を行うために、歯科用CTを導入致しました。 従来のレントゲン写真(二次元)で得られる情報は限りがあります。
現在百瀬歯科医院で使用している歯科用CTでは3D(三次元)での立体画像を見られるようになり、見えなかった部分をより精密に、容易に確認し、精度の高い治療を受けられることができるようになりました。

インプラント治療後のメインテナンスについて

インプラント治療によって歯の機能がよみがえっても、メインテナンスを怠ってしまってはせっかくのインプラントも長持ちしません。インプラントの歯周病である「インプラント周囲炎」になることがあり、顎の骨が溶けてインプラントが抜け落ちてしまうことがあるのです。そのため、治療後は以下のようなポイントに注意しましょう。

定期検診に通う

インプラント周囲炎になっても、歯周病同様初期には自覚症状がほとんどないため、定期的な検診に通ってチェックしてもらうことが重要です。

ケアの習慣をつける

インプラント周囲炎を防ぐために、特に歯と歯ぐきの境目は丁寧にみがきましょう。大切なのは、自己流でケアするのではなく、歯科医院で正しいケア方法を教わって、習慣をつけることです。

噛み合わせを調整する

本物の歯は周りの歯に合わせて少しずつ移動しますが、インプラントはまったく動きません。そのため、加齢などによって噛み合わせが変化した際に、インプラントだけが取り残されて負担がかかることがあります。定期検診で噛み合わせの調整をすることが重要です。

インプラント治療のご予約はこちらから

Hospital Information