歯が痛んだときは、すぐにご相談ください

冷たいものを食べると歯がしみる……。
何もしていないのに、歯がズキズキ痛む……。

このような症状があるなら、虫歯かもしれません。虫歯になってしまった場合は、早めに歯科医院に相談して治療することが大切です。なぜなら、虫歯は自然に治ることがなく、放っておくとどんどん進行してしまううえに、進行した虫歯治療では歯を大きく削る必要が出てしまうからです。

百瀬歯科医院では、「なるべく削らず、抜かない」虫歯治療を心がけています。患者様の症状によってたとえ削ることになっても、「なぜ削るのか」という説明を丁寧に行います。治療を開始するのは、患者様にご納得いただいてから。患者様のお気持ちを大切に考えた診療を行いますので、歯に痛みを感じたときは、まずは当院までお気軽にご相談ください。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
歯の表面(エナメル質)が白く濁ります。痛みなどの自覚症状はありません。 正しい歯みがきやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
歯の表面に穴があき、黒ずんでいる状態です。痛みは強くありませんが、冷たいものがしみることがあります。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
虫歯が進行して、エナメル質の内側にある象牙質まで冒された状態です。冷たいものや甘いものがしみます。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
歯の奥にある神経(歯髄)まで虫歯菌に冒された状態です。何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療(こんかんちりょう)を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達した虫歯】
歯根まで虫歯菌に冒された状態です。神経が死んでしまうため痛みはなくなりますが、治ったわけではありません。 抜歯が必要になることがほとんどです。抜歯後、入れ歯インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を削らなくても治る!?

C0の段階では、「再石灰化」という働きによって虫歯になりかけた部分が治ることがあります。しかし、この「再石灰化」で修復される虫歯は、医師でなければ見つけることもできないくらい軽微なものです。再石灰化を期待するのではなく、しっかり予防することが歯を健康に保つための重要な条件です。

虫歯を放置すると・・・

「虫歯になったからといって、そんなに痛くないし問題ない」と軽く見る方もいるかもしれませんね。確かに、小さな虫歯なら痛みもほとんどありませんし、気づかないことがほとんどです。しかし、その虫歯が次第に大きくなり、痛みもひどくなると、食事することすら困難になってしまいます。さらに、虫歯菌が血液や気管に入り込むことで、心筋梗塞や動脈硬化、肺炎などの病気を引き起こす可能性があることもわかってきました。

虫歯を放置することで、お口の健康だけでなく全身の健康に悪い影響が及びます。歯の痛みや違和感に気づいたら、すぐにご相談ください。

重度の虫歯も治せます~根管治療~

虫歯が歯の神経まで進行した場合、以前は抜歯する以外には方法はありませんでした。しかし現在では、虫歯菌に冒された神経を除去して薬剤を詰める「根管治療」によって、歯を抜くことなく治療することが可能です。

根管治療は抜歯を防ぐための「最後のチャンス」。できれば治療せずに予防したいものですが、万が一虫歯が進行してしまった場合は、根管治療を行っている当院にご相談ください。
>>百瀬歯科医院の根管治療について

虫歯にならないために

毎日しっかり歯みがきをしているはずが、虫歯になってしまった……。そんな経験はありませんか? 歯みがきは確かに効果的ですが、お口の汚れを完全に除去できるものではありません。虫歯をしっかり予防するためには、日頃のケアだけでなく歯科医院での定期的な予防処置が必要です。

百瀬歯科医院にて予防ケアも行っていますので、健康なお口を維持したい方はお気軽にご来院ください。

虫歯にならないために、定期的に歯科医院へ通うことが大事です。
百瀬歯科医院の予防歯科はこちらから

Hospital Information