歯周病は早めの治療が必要です

歯ぐきが腫れ、出血する歯周病。症状はこれだけでは終わらず、そのまま放っておくと歯を支える顎の骨が溶け歯がグラついて抜け落ちてしまうことも……。そんな事態を防ぐためにも、歯周病は早期発見・早期治療が重要です。お口に違和感を覚えたら、百瀬歯科医院にご相談ください。

こんな症状ありませんか?歯周病チェック

以下のような症状がある場合、歯周病になっている可能性があります。できるだけ早く歯科医院に相談し、治療を受けましょう。

  • 歯ぐきが腫れている
  • 口臭が強くなった
  • 歯ぐきにかゆみがある
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 口の中がネバネバする
  • 歯が伸びたような気がする
  • 歯をみがくと歯ぐきから血が出る
  • 歯がグラグラする

日本人の5人に4人が歯周病or予備軍って知ってました?

歯周病というと、「歯ぐきから血が出るだけ」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は日本における「歯を失う原因」の第一位は歯周病。さらには、成人のうち80%が歯周病もしくは予備軍だといわれており、「自分は関係ない」とはいえないのです。

歯周病は虫歯のような痛みがほとんどありません。出血しても痛みはないため、放置してしまいがち。しかし、それが歯周病の悪化を招く原因の一つです。「自分は大丈夫」と思っても、一度歯科医院で検査を受けることをおすすめします。

大人だけじゃない?小中学生の歯周病

成人がかかりやすいと思われがちですが、実は小中学生の2人に1人は歯周病を患っています。歯ぐきの炎症、つまり「歯肉炎」の場合が多く、重症になることはあまりありませんが、将来の「歯周病予備軍」なのです。
子どもの頃から予防を習慣にすることが大切です。

歯周病の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。 ブラッシングによるプラークや歯石の除去

軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。
  • ブラッシングによる歯ぐきの改善
  • スケーリング・ルートプレーニングによる歯石の除去

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。
  • ブラッシングによる歯ぐきの改善
  • スケーリング・ルートプレーニングによる歯石の除去
  • 外科処置

重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出することで歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。
  • 外科処置
  • 再生療法
  • 抜歯

歯周病は予防が重要です

一度歯周病になってしまうと、治療をしてもダメージが残ってしまうほか、再発しやすくなってしまいます。歯周病は治療よりも予防が重要です。

百瀬歯科医院の予防歯科について

Hospital Information