重度の虫歯でも歯を残せる「根管治療」とは

虫歯が進行すると、歯の奥にある神経(歯髄)まで冒されてしまい、歯を失うことになります。以前は虫歯が神経まで進んだ場合は抜歯するのが一般的でした。しかし、抜歯した歯は二度と元には戻らず、どんなに高品質な人工歯でも本物の歯には及びません。そこで、歯を残すために行うのが「根管治療(こんかんちりょう)」です。

根管治療では、歯の神経が通っている管(根管)の中から神経を取り除き、なかをキレイに洗浄したうえで薬剤を詰め、被せ物でフタをします。百瀬歯科医院では、マイクロスコープ(医療用電子顕微鏡)を使用して、安全な根管治療を行っています。

根管治療が必要なケース

  • 歯の神経まで虫歯が進んでしまった場合
  • なんらかの原因で歯の神経が死んでしまった場合

根管治療に活躍!マイクロスコープとは

根管治療自体は、多くの歯科医院で対応可能な治療法です。しかし、根管内は狭く暗く、複雑な形状をしているため肉眼では見ることができません。また、わずかでも細菌が残ってしまうと、すぐに再発してしまいます。そのため、根管治療は非常に難易度の高い治療とされています。

百瀬歯科医院は、根管治療を安全かつ確実に行うために、医療用の電子顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しました。マイクロスコープを使用すると、患部を光で照らしながら肉眼の20倍以上に拡大して見ることができます。手術の安全性が高まるほか、トラブルの見逃しも防ぐことができるのです。

根管治療の重要性

根管治療は、建物を建設する際の「基礎工事」に例えられることが多々あります。基礎工事とは、建物を建てる際の土台を固める大切な工事。基礎工事がしっかり行われていないと、どんなに立派な家でもちょっとした地震で倒壊してしまいます。

これは歯も同じことです。どんなに美しく精度の高い修復物を被せても、適切な根管治療が行われていなければ、すぐに症状が再発して治療が無駄になってしまいます。歯を抜かずに守るためには、確実な根管治療が欠かせないのです。

根管治療の流れ

STEP1.神経の除去

根管から虫歯菌に汚染された神経を除去します。

STEP2.洗浄・消毒

神経を除去した部分を丁寧に洗浄し、その後消毒します。汚染された組織がなくなるまで、何度も行います。

STEP3.薬剤を詰め、被せ物をする

神経のあった箇所に隙間ができないように薬剤を詰めます。その上からフタをするように被せ物を取り付けます。

根管治療の症例

20代女性 左下6番 ファイル除去

  • ご本人には自覚症状のなかった症例です。このケースにおける問題点は、虫歯はもちろんですが、レントゲン上で後ろの根管に治療器具の一部が折れて残ってしまっている点です。
    その結果として金属片よりも先は治療が出来ず感染のリスクが非常に高いという事です。
    また、他の根管においてもお薬が先まで届いていないようです。

    この歯は全ての歯の中で最もかみ合わせに重要な歯ですので、この程度のトラブルで絶対に失う事があってはならないと考えました。

  • 上の丸は不適合による虫歯を示しています。
    下の丸の中に見られるくねくねした小さいものが金属片です。

  • まずは金属を外した所です。不適合がしばらく続いたためでしょう、黒く変色したセメントと、茶色く変色してしまった虫歯が確認できます。

    時々こういったケースを見かける事がありますが、神経を取った歯に対し、セメントだけで穴を埋める事は非常に不確実であると考えます。
    なぜならセメントはすぐに劣化し、根管治療後に最も重要な細菌の漏洩を長期的に防ぐことが不可能であるからです。

  • そのセメントをある程度除去した状態です。セメントが多少残っているとはいえ、明らかに神経の入り口の探索が不十分です。
    きちんとした処置をするためには、きちんとした治療の準備を整えなくてはなりません。

  • これが神経の入り口の探索が終わった状態です。下顎大臼歯という場所で、唾液による汚染が起こりやすい場所ですので、ラバーダムをかけて行っています。

    これで4根管の入り口が明示され、治療の準備が整いました。
    ちなみに、マイクロスコープ下において写真右上の根管内に破折ファイル片が確認できました。

  • 古いお薬を取り除き、マイクロスコープ下において破折したファイルを除去した後のレントゲンです。最初のレントゲンと比べてみて下さい。
    くねくねした白い影がなくなっている事をご確認いただけるかと思います。これで根管治療の妨げになるものは無くなりました。

    この様な歯の場合、従来マイクロスコープ無しではあきらめざるを得ないケースがほとんどだったのではないでしょうか。

  • これが根管治療終了時のレントゲンです。
    EMR(電気的根管長測定器)により根の長さを確認し、根の先端0.5~1.0mmまで確実にお薬を入れることが出来ました。
    これも最初のレントゲンと比べてみて下さい。

  • 術後の写真です。
    ここからは歯冠修復に移ります。

  • 根の治療で開いた空洞を、強化型の樹脂を使用して補強してあります。
    その後、歯の強度等を考慮し全部被覆タイプの修復を行いました。

30代男性 右上6番

  • このケースは、虫歯による銀歯の不適合を確認しました。虫歯があるという事は、内部が細菌により汚染されていると考えます。
    また根管の甘さが見られた為に、自覚症状はありませんでしたが根管の再治療から行わせて頂きました。

  • このレントゲンでは、根のお薬がかなり細く、根によっては先端までお薬が届いていない事が確認できます。

    また、昔よく使われたネジが歯の補強の目的で使われています。

  • 不適合箇所から汚れが入り込んだ様で、黒く変色が見られました。
    この歯もやはりセメントで充填されていましたが、亀裂が入っている様子が見てとれます。

    また、詰め物の不適合があったためにセメントが汚染され、黒く変色しています。

  • セメントを大体除去した状態です。
    古いお薬は劣化し変色していて、虫歯も見て取れます。

  • 古いお薬などを全て除去して、根管内の清掃を行っている所です。
    まだ一部残っていますが、全て除去した後に治療を終えてゆきます。

  • 根管充填後のレントゲン写真です。術前のレントゲンと比べるとよりしっかりと緊密にお薬が入っているのがご覧いただけるでしょう。
    ファイバーコアと、オールセラミッククラウンにて修復しました。

20代女性 左上1番

  • この歯は十数年前に強打した為に、根の先病変が生じてしまったケースです。歯科用CT撮影も行った結果、右の歯は外部吸収といい、根の先がラッパ状に開いている状態が確認されました。

    左の歯は根の中程に外部吸収が生じ、透過像を確認できます。

  • まずは右の歯を保存するべく根管治療を行っています。最も狭くなっている部分を狙いお薬を詰める為に、器具を入れてレントゲンを撮影しました。その後仮のお薬を入れて3か月ほど経過観察をしました。

    その間、左の歯の病変によってよって生じた骨吸収を改善する為に矯正を行っています。

  • その後、非常に驚くべき改善が認められました。お薬を詰めた後の画像上で、一度吸収を起こした根が再生したかの様な像を示しています。

    これは理由ははっきりと申し上げられませんが、現在最も新しい考え方の一つである、Pulp Regeneration(歯髄の再生)によるものかもしれません。

50代男性 左下6,7番

  • 初診時 パノラマレントゲンの一部です。左下6・7番の根の周囲に明らかな透過像が確認できます。

    根管充填が明らかに不十分な為に、根管内で感染をおこしているのは間違いないでしょう。

    このレントゲン像だけで「抜歯してインプラントにしましょう」と判断される場合も多いと思いますが、治癒の可能性がある限り、出来るだけの事はやってみるのが当院のポリシーです。

  • 左下6番の被せ物を外した状態です。銀の土台(コア)が入っています。

  • コアを除去したところです。根充材が不足していて、いかにも隙間がありそうです。
    お掃除や、薬を詰めるための内部の拡大もまだまだ余地がありそうです。

  • 根管内の清掃、消毒が終わったところです。

  • 可及的に緊密な根管充填を行っております。

  • 左下7番のコア除去後です。古いお薬を除去したところです。

  • 根っこの入り口を確認し、拡大清掃を行いました。

  • 根管充填を行った所です。

  • 左下6番に仮のお薬を詰めました。

  • 左下7番に仮のお薬を詰めました。
    ここから一度消失した骨の再生がレントゲン上で確認出来るまで、最低3か月間治癒の様子を見守ります。

  • 少し間が空いて、5か月後のレントゲンです。
    前のレントゲンと比較して、透過像に改善が見られています。

  • 根管充填を行い、クラウン装着後3か月後のレントゲン写真です。7番は完全に治癒が確認できます。
    根っこと根っこの間の骨も再生しているようです。
    6番の方は当初の状態がかなりシビアだった為に、
    まだ完全とは言えませんが、十分な治癒が起きています。
    今後年単位で経過を追ってゆきます。

30代女性 右上6番 ファイル除去

  • 根管内に治療用の器具が食い込むように折れ込んでしまっております。そして、その根管の先に丸く透過像が存在しているため、治療のためにはどうしても取り除く必要があります。
    また、別の根管の入り口にも何か金属がありそうです。

  • クラウンと土台を外した所です。
    根管充填材料が余分に残っています。

  • 根管充填材を除去したところです。
    入り口に一本金属が折れているのが確認できました。これは直ちに除去します。

  • 2本とも除去したところです。

  • 除去前と除去後のレントゲンです。
    斜めに残っている金属がなくなっているのがご覧いただけると思います。これで根管の治療準備が整いました。

  • 除去した器具片です。マイクロスコープ無しでは除去は絶対に考えられないでしょう。
    従来ならば経過観察を行い、予後不良ならば抜歯を待つのみだった状態です。

30代 男性 右上2番

  • 治療中です。根の先にかなり大きな透過像を認めます。

  • 仮根管充填しました。このまま6か月経過観察しました。

  • あれだけ大きかった透過像が殆ど消えたため、根管充填を行いました。

30代 男性 右下4番

  • かなり大きな根尖病巣です。歯根全体を透過像が覆っています。
    歯根破折の可能性もある為、見た瞬間に抜歯が頭をよぎるケースです。
    しかし、根管充填が全くなされていない為、まずは外してみる事にしました。

  • まずはブリッジを外して、マイクロスコープにて破折が無い事を確認しました。
    そして可及的に根管内を清掃した後に、仮のお薬を詰めました。

  • 3か月後、透過像の周りから骨が石灰化してきている様子が見てとれます。 確実に病巣は消失してきており、根の周りの骨が再生しました。
    現在ブリッジの支えとして元気に機能しています。

50代 男性

  • 根の先にまあるく病変をみとめます。
    根管充填が途中までで止まっているようです。

  • 根管治療を行い仮のお薬を詰め、経過観察です。

  • 3か月後、病変は消えていますので、根管充填をおこないます。
    この様に先までお薬が届かないケースでも、原因が除去できれば治癒は起こります。

40代 女性

  • 治療前の状態です。咬合時の痛みを訴えられておりました。レントゲンにて根管治療がなされておらず、それに伴い根尖部に病巣がある事が確認できます。
    未治療の根管内で細菌が増殖してしまったのでしょう。

  • 実際に見たところです。
    アマルガムという水銀の合金で修復されていますが、不適合及びヒビが確認できます。

  • 外した所です。虫歯及び、根管治療後に埋めたセメントが確認できました。

  • 根管治療のために全て除去したところです。
    根の入り口の拡大が十分ではありません。

  • 4根管の入り口がはっきりと確認できました。
    その後、拡大清掃を行い、根管充填を行いました。

  • 根管充填から半年後です。根尖部の透過像はほぼ消失してきております。
    現在は仮歯で、歯周病の治療を行っています。
    ファイバーコアとセラミックにて修復予定です。

40代 女性

  • 咬合時の違和感を訴えておられました。根管充填が不十分で、根尖部及び根分岐部に透過像を認めます。

  • 仮根管充填を行いました。その後、経過をみて根管充填を行っております。

  • 根管充填後1年半のレントゲンです。根尖部の透過像及び、根分岐部の透過像が治癒している様子が確認できます。
    その上にファイバーコアを装着し、現在はセラミックにて修復を行っております。

百瀬歯科医院では、上記でご紹介した以外にも紹介しきれないほどの患者様の歯を根管治療によって抜歯から守っています。当院のスタッフは、全員が根管治療に対する充分な知識と技術、そして熱意を持っていると自負しておりますので、重度の虫歯にお悩みの方は、まずは当院までご相談ください。

根管治療後の注意

根管治療の際は麻酔を使用するため痛みはありませんが、麻酔が切れると多少の痛みが治療後数日にわたって出まることがあります。これは神経が治る過程で生じる痛みですので、心配はいりません。

痛みが出やすい患者様には痛み止めをお渡ししますので、お気軽にご相談ください。

根管治療は、予防で防ぐことができます
予防歯科でお口の健康を維持しましょう

Hospital Information