美しく健康な口元は歯並びから

歯並びが乱れていると、お顔の印象は悪くなってしまうもの。そればかりか、お口に汚れが残りやすい、発音がしにくくなるなど、さまざまなデメリットがあります。

百瀬歯科医院では、患者様の歯列を美しく整え快適な生活へ導くために、矯正歯科専門医が矯正歯科治療を担当しています。乳歯列期の小さなお子様の治療から開始して、将来的に美しい永久歯列を目指す「咬合誘導」のほか、大人になってから開始する「成人矯正」にも対応。矯正歯科治療は長期にわたって行う治療ですので、治療開始時にはじっくりとお話を聞き、丁寧な診察を行ったうえで入念な計画を立てています。安心しておまかせください。

矯正歯科治療の流れ

STEP1.ご相談

歯並びや噛み合わせに関してお悩みのことなど、どんなことでもご相談ください。お話をうかがったうえでお口の中を拝見させていただき、どのような治療の選択肢があるかをご提示します。

STEP2.検査・診断

レントゲン撮影や口腔内写真撮影、歯の模型製作などを行い、どのような治療が最適なのかを診断します。必要に応じて、大学病院などに特殊な画像検査を依頼する場合もあります。

STEP3.治療

検査・診断の内容をもとに、最適な矯正装置を決定し、矯正歯科治療を進めていきます。

矯正歯科の費用(税込)

治療前
相談料 3,150円
検査、診断料 15,750円
セットアップモデル料(※1) 31,500円

※1 治療後の歯並びの予測模型。希望により作製します。

第一期治療
基本施術料(※2) 315,000円
観察料(※2) 3,150円

※2 治療終了までのすべての装置代を含みます。

第二期治療
基本施術料(※3) 735,000円
調節料(※4) 5,250円
観察料(※5) 3,150円

※3 治療終了までのすべての装置代を含みます。ただし、第一期治療から移行した場合は差額の420,000円になります。
※4 ワイヤーの交換、装置の取り付けの際にかかります。
※5 治療後の歯並びのチェック、リテーナーの調整。

MTM(小矯正)
1区画(上下左右の4区画のうち) 105,000円
インプラント矯正
上記金額以外にインプラント(骨ネジ)代金がかかります。
費用は、植立部位やネジの種類により異なりますのでご相談ください。

当てはまりますか?乱れた歯並びの例

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態で、「出っ歯」とも呼ばれます。上顎の過成長、下顎の成長不足、遺伝による小下顎によって起こります。
反対咬合(はんたいこうごう)
下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態で、「受け口」とも呼ばれます。食べものがうまく噛めず、発音にも悪影響が出ることがあります。
過蓋咬合(かがいこうごう)
正面から下の歯が見えないほど、上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態です。歯によって歯ぐきが傷つきやすく、ものが噛みづらくなります。発音にも影響が出ることがあります。
叢生(そうせい)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態です。顎に対して歯が大きすぎる場合や、顎が小さく歯が並ぶスペースが足りない場合などに起こります。
開咬(かいこう)
奥歯を噛み合わせたときに上下の歯に隙間ができる状態です。前歯でものを噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすくなります。

当院取扱いの矯正装置について

セラミックブラケット

白いセラミック製のブラケットを使用するため、あまり目立たない矯正治療が可能になります。治療効果はメタルブラケットと同様ですが、費用が割高になります。

クリアブラケット

透明なブラケットを使用するため、目立たない矯正ができる装置です。

リンガルブラケット

一般的な矯正装置は歯の表側に装着するのに対して、歯の裏側に装着する装置です。外からは矯正治療をしていることがわかりません。

マウスピース矯正

患者様の歯と歯列の形に合わせて作製したマウスピースによって歯を移動させる装置です。透明な素材でつくられているため目立たず、自分で自由に取り外すことができます。

矯正歯科治療のご予約はこちらから

Hospital Information