子供の虫歯は進行が早い?小児歯科で早めの治療を

乳歯や生え替わったばかりの永久歯は、歯の表面の「エナメル質」が薄いという特徴があります。エナメル質は虫歯菌からある程度、歯を守る役割を持っているため、エナメル質の薄い乳歯や生え替わったばかりの永久歯は虫歯の進行スピードが早いとされています。

親御さんが「もしかしたらこの子の歯、虫歯かも?」と思ったときには、かなり進行していることも珍しくありません。また、幼稚園や小学校などで受ける集団検診では、初期虫歯は見つからない場合もありますので、親御さんが毎日しっかりチェックしてあげましょう。

赤ちゃんからのいい歯づくり

母乳(お母さんの乳首)と哺乳瓶の飲み方の違い
哺乳瓶でミルクを飲む場合、赤ちゃんは、哺乳瓶の乳首を「吸い」ます。哺乳瓶は、吸えば出てくる仕組みになっているからです。

ところが、母乳の場合は、お母さんの乳首を吸っただけではなかなか出てきません。赤ちゃんが顎と舌を使って乳首を噛むようにすることで母乳が出てくるのです。
つまり、母乳を飲んでいる赤ちゃんは、乳首を吸っているのではなく、「噛んで」いるのです。
これは、噛む筋肉を発達させる事に関連しています。

乳歯の虫歯は放置せずに治療しましょう

「乳歯はどうせ生え替わるから、虫歯になっても大丈夫」
そうお考えの方がいらっしゃいますが、その考えは間違いです。虫歯になってしまった乳歯を放置してしまうと、いずれ生えてくる永久歯にも深刻な影響が出ることがあります。

  • 乳歯の虫歯が永久歯にも感染する
  • 乳歯を失うことで永久歯が正しく生えなくなる など

乳歯には、永久歯を正しい場所へ誘導するという役割があります。虫歯によって乳歯が途中で抜けてしまい永久歯がちゃんと生えてこないことで、正しい生え替わりを促せない可能性もあるのです。たとえ乳歯でも、虫歯を発見したらすぐに治療を受けさせましょう。

赤ちゃんは、生まれながらに甘党

飲み物、間食等甘いものに偏らない様にしましょう!!
離乳食は薄味にして、食がすすまないからといって砂糖で調味をしない様にしましょう。
離乳期を過ぎると食べられる物の種類がぐっと増えてきて、おやつやジュースの摂取が増えてきます。
甘みは子供が最も好む味ですから、与える事でさらなる欲求を作り出します。また、塩味等の濃いおやつ(スナック菓子等)は、繊細な味覚の発達を妨げますのでなるべく避ける様にしましょう。

親が与えなければ子供は欲しがりません!

なるべく自然の味を覚えさせましょう。
間食を少なくする事で、3度の食事をたくさん食べさせる習慣をつくりましょう!

百瀬歯科医院の小児歯科治療

歯医者に対して苦手意識を持っているお子様は少なくありません。そのため当院では、まずはお子様に歯科医院に慣れてもらうことを大切に考えています。

当院では、お子様に対してすぐに治療を行うことはせず、まずしっかりと話をして「歯医者に慣れてもらう」ところからスタートします。話をした後は、治療に使用する機材に触ってもらって、わかりやすく説明し、そこから治療に入っていきます。

親御さんと協力してお子様のお口の健康を守りますので、まずはお気軽にご相談ください。

子供の歯並びの乱れについてもご相談ください

お子様の歯並びを確認してみましょう

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態で、「出っ歯」とも呼ばれます。上顎の過成長、下顎の成長不足、遺伝による小下顎によって起こります。
反対咬合(はんたいこうごう)
下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態で、「受け口」とも呼ばれます。食べものがうまく噛めず、発音にも悪影響が出ることがあります。
過蓋咬合(かがいこうごう)
正面から下の歯が見えないほど、上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態です。歯によって歯ぐきが傷つきやすく、ものが噛みづらくなります。発音にも影響が出ることがあります。
叢生(そうせい)
歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態です。顎に対して歯が大きすぎる場合や、顎が小さく歯が並ぶスペースが足りない場合などに起こります。
開咬(かいこう)
奥歯を噛み合わせたときに上下の歯に隙間ができる状態です。前歯でものを噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすくなります。

当院の矯正装置について

メタルブラケット
金属を使用したもっともポピュラーな矯正装置です。金属製のブラケットという装置にワイヤーを通し、歯に固定して少しずつ歯を動かします。
セラミックブラケット
白いセラミック製のブラケットを使用するため、あまり目立たない矯正治療が可能になります。治療効果はメタルブラケットと同様ですが、費用が割高になります。
クリアブラケット
透明なブラケットを使用するため、目立たない矯正ができる装置です。
床矯正
顎を広げることで、歯が正しく並ぶスペースをつくるための装置です。

お子様のお口の健康のために重要なのは予防です

Hospital Information