お口を美しく整える百瀬歯科医院のセラミック修復

「審美歯科」は、歯の見た目だけを整えるエステのようなものだと思われる方もいらっしゃいますが、決してそれだけではありません。歯は、見た目さえ良くすればいいものではなく、歯並びや噛み合わせが整ってこそ正しく機能するもの。百瀬歯科医院の審美歯科では、歯が正しく機能することを前提としながら、歯の色や形などを美しく整える処置を行っています。

銀歯とセラミック

一般的な歯科治療では銀歯が使われますが、これは目立ってしまうだけでなく金属アレルギーの原因になる可能性もあるため、決して安全とはいえません。当院の審美歯科では、銀歯と比較して安全性が高く、非常に多くのメリットを持つセラミックを使用した治療を行います。

セラミックのメリット
メタルフリー 金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がない
汚れにくい 汚れが付着しにくいほか、汚れても簡単に落とせる
自然な見た目 見た目が本物の歯に近く、ほとんど見分けがつかない
長持ち 数十年使い続けても劣化しない(長持ちする)

インレー(詰めもの)

セラミックインレー


          材質:セラミック
          価格:¥63,000~

審美性
使用感
耐久性

e.max(二ケイ酸リチウムガラス)でできています。詰め物となる部分を削って型を取り製作し、耐久性の高いセメントで歯に装着します。2回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 審美性の高い仕上がりが期待できます。ほとんど変色しないので、長年使用できます。接着力や耐久性に優れているので、虫歯になるリスクを軽減できます。メタルフリーのため、金属アレルギーの心配がありません。
  • デメリット 保険外治療となります。

ゴールドインレー


          材質:金合金
          価格:¥52,500~

審美性
使用感
耐久性

金・銀・銅・プラチナ等からなる合金です。詰め物となる部分を削って型を取り製作し、耐久性の高いセメントで歯に装着します。2回程度の通院で治療可能です。

  • メリット ゴールドは軟らかく伸びが良いため、使用している間に歯にフィットしてきます。適合性に優れているので、歯との境目から2次カリエス(むし歯)になりにくいです。
    保険治療の金属に比べ生体親和性(アレルギー反応が起こりにくい等)に優れています。
  • デメリット 金色のため審美性が低いです。保険外治療となります。

ハイブリッドセラミックインレー


         材質:プラスチック
         価格:¥36,750~

審美性
使用感
耐久性

合成樹脂(歯と同じような色のプラスチック)でできています。ベースとなる樹脂の中にガラスの粉末を高密度に入れて有る為、耐久性が向上しています。詰め物となる部分を削って型を取り製作し、セメントで歯に接着します。2回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 多くの場合、ご自身の歯に近い色で仕上げることができます。メタルフリーのため、金属アレルギーの心配がありません。歯と一緒に摩耗する為、比較的歯に優しい素材です。
  • デメリット 次第に変色します。色調によっては、最初からご自身の歯の色と差がでる場合があります。
    天然歯よりも軟らかいため、奥歯のかみ合わせ部分に使用すると摩耗やかけることがあります。

パラジウムインレー


        材質:パラジウム合金
        価格:保険適応

審美性
使用感
耐久性

金・銀・銅・パラジウム等からなる合金です。詰め物となる部分を削って型を取り製作し、セメントで歯に接着します。2回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 天然歯よりも固く丈夫です。保険適用となります。
  • デメリット 銀色のため審美性が低いです。個人差はありますが、金属アレルギーの原因になることがあります。長年使用することによりセメントが劣化し、その小さな隙間からむし歯になることがあります。

クラウン(かぶせもの)

オールセラミック冠レイヤリング法(前歯・臼歯)


          材質:セラミック
          価格:¥136,500~

審美性
使用感
耐久性

内面はe.max(二ケイ酸リチウムガラス)・表面は陶材(セラミック)の2層構造でできています。被せ物となる部分を削って型を取り製作し、耐久性の高いセメントで歯に接着します。3回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 技工士が一色一色築盛し、焼き上げますので非常に審美性の高い仕上がりが期待できます。経年変化による変色・劣化はありません。メタルフリーのため、歯肉の黒ずみや金属アレルギーの心配がありません。すべてセラミックで出来ているために細菌の付着が起きにくく、周囲を清潔に保ちやすい特徴があります。
  • デメリット 保険外治療となります。

メタルボンド冠(前歯、臼歯)


          材質:セラミック
          価格:¥105,000~

審美性
使用感
耐久性

内面には合金(金・銀・銅・プラチナ等)・表面は陶材(セラミック)の2層構造でできています。被せ物となる部分を削って型を取り製作し、耐久性の高いセメントで歯に接着します。3回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 審美性の高い仕上がりが期待できます。経時的な劣化・セラミックの変色はありません。基本的には耐久性に優れています。
  • デメリット 保険外治療となります。
    経年変化により歯肉の黒ずみを生じる事があります。

オールセラミック冠プレス(前歯、臼歯)


          材質:セラミック
          価格:¥84,000~

審美性
使用感
耐久性

e.max(二ケイ酸リチウムガラス)という料で作られています。溶かしたセラミックを鋳型に流し込んで作る為、技工の煩雑さが少ない分費用が抑えられています。色の再現性に限りが有り、前歯にはあまり向きませんが、奥歯には十分な審美性があると考えます。

  • メリット 経年変化による変色・劣化が一切起きません。また、メタルフリーの為金属による歯肉の黒ずみなども起こしません。すべてセラミックで出来ているために細菌の付着が起きにくく、周囲を清潔に保ちやすい特徴があります。
  • デメリット 保険外治療となります。

ハイブリッドセラミック(前歯、臼歯)


          材質:セラミック
          価格:¥63,000~

審美性
使用感
耐久性

ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られています。詰め物・被せ物どちらにも対応できます。

  • メリット オールセラミックよりもやわらかく、硬すぎないため、周囲の歯や噛み合う歯にダメージを与えにくい材質です。内面に金属を使用しない場合は(ジャケット冠)、金属を使用しないので金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどが起こる心配がありません。
  • デメリット レジンが混ざっている為に経年的に変色が起こります。噛み合わせなどの状態によっては、割れたり欠けたりするリスクがあります。保険外治療のため、費用がかかります。

硬質レジン前装冠(前歯のみ)


材質:合金とプラスチックの2層構造
価格:保険適応

審美性
使用感
耐久性

表面は合成樹脂(歯と同じような色のプラスチック)で、裏面は金・銀・銅・パラジウム等からなる合金です。被せ物となる部分を削って型を取り製作し、セメントで歯に装着します。3回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 保険適用となります。
  • デメリット 表面の合成樹脂は次第に変色します。色調によっては、最初からご自身の歯の色と差が出る場合があります。また、個人差はありますが、裏面の合金は金属アレルギーの原因になることがあります。次第に樹脂が劣化し、取れてしまうことがあります。

ゴールド冠(臼歯のみ)


          材質:セラミック
          価格:¥84,000~

審美性
使用感
耐久性

金・銀・銅・プラチナ等からなる合金です。被せ物となる部分を削って型を取り製作し、耐久性の高いセメントで歯に装着します。3回程度の通院で治療可能です。

  • メリット ゴールドは軟らかく伸びが良いため、使用している間に歯にフィットしてきます。保険治療の金属に比べ生体親和性(アレルギー反応が起こりにくい等)に優れています。
  • デメリット 金色のため審美性が低いです。保険外治療となります。

パラジウム冠(臼歯のみ)


        材質:パラジウム合金
        価格:保険適応

審美性
使用感
耐久性

金・銀・銅・パラジウムからなる合金です。被せ物となる部分を削って型を取り製作し、セメントで歯に接着します。3回程度の通院で治療可能です。

  • メリット 保険適用となります。天然歯よりも硬く丈夫です。
  • デメリット 銀色のため審美性が低いです。個人差はありますが、金属アレルギーの原因になることがあります。次第にセメントが劣化し、取れてしまうことがあります。

見える所だけではいけません!土台の重要性

現在では、ジルコニアをはじめとした優れた歯科素材が登場し、治療後の見た目も機能も本物の歯に劣らないほどになってきました。しかし、どんなに質の高い被せ物を被せても、その下の土台(コア)がグラグラしていたら、意味がありません。逆に、土台さえしっかりしていれば、被せ物が破損してしまった場合でも簡単に再治療が可能です。

百瀬歯科医院では、より本物の歯に近い仕上がりを目指して、樹脂を使用した「ファイバーコア」を採用しています。
※重度の虫歯はコアを入れる前に根管治療で治す必要があります。

ファイバーコア
白い樹脂でつくられた歯の土台(コア)です。柔軟な素材でつくられているため折れることがほとんどないほか、本物の歯と同じように光を透過する性質があるため、見た目も自然に仕上がります。

より美しい歯を目指す方へ
歯を削らずに白い歯を実現するホワイトニング

Hospital Information