親御さんの予防ケアが、お子様のお口を守る

虫歯になりやすい方、なりにくい方がいるのは、実はお口の中に棲みついている「ミュータンス菌」という虫歯菌が大きく影響しています。この細菌はもともと赤ちゃんのお口の中には存在していません。ほとんどの場合、生後10~31ヶ月の時期にお母さんをはじめとした身内から感染してしまうのです。

ミュータンス菌を防ぐには?

ミュータンス菌は表面にネジのような突起を持ち、感染すると歯の表面にしっかりと張り付きます。そのため、歯みがき程度では一度感染したミュータンス菌の数を減らすことはできません。重要なのは、最初からミュータンス菌に感染しないよう気をつけることなのです。

ミュータンス菌は、生後10~31ヶ月の時期に口腔内に根付かなければ、その後は増えないという特性を持っています。ですから、その期間は親御さんや周りの大人がしっかり予防ケアをすることが大切なのです。

虫歯菌が感染しやすい“感染の窓”期に徹底予防を

お子様の歯が生え出す生後10~31ヶ月は、もっともミュータンス菌に感染しやすい「感染の窓」と呼ばれる時期です。しかし、この時期を過ぎれば、ミュータンス菌に新たに感染しにくくなります。

実際、この「感染の窓」の時期に親御さんに歯のケアを徹底的に指導した結果、子供への感染が半減したという報告があります。感染が防げた場合、その子供はその後、虫歯になることがほとんどなくなるといった報告もあるほど。細菌感染を予防するのは大変なことですが、苦労するだけの価値があるといえるでしょう。

一次予防(乳歯列期からの虫歯予防について)

まずは疾患にかからない事が何よりも大切です。乳歯列期から永久歯へ、生え変わりのステージに応じたリスク部位を管理し、年二回の専門家によるフッ素塗布、ご自宅でのフッ化物応用を行う事で虫歯から守ります。
お子様は自分一人では口腔管理は出来ません。ご両親の強い意識、確かな知識が非常に大切になります。永久歯が生えそろってから3年間、高校生になるまではしっかりと見守ってあげて下さい。私も全力でお力添え致します。
「大切な子供の歯を守りたい」それは全ての親の願いです。

二次予防(早期発見、早期治療)

お口の中の細菌の種類、生活習慣、遺伝要素などにより虫歯、歯周病のリスクは異なります。残念な事に、現在一度失った歯や骨を取り戻すのは非常に難しい状況です。そうならない為にも一度発症した場合、なるべく早く発見し進行を抑える必要があります。初期虫歯、歯肉炎の状態であれば完全な治癒の可能性が十分にあります!
最もリスクの低い方でも年1~2回、ハイリスクの方は年4回以上の定期検診を受ける事をお勧めします。全ての方において最もハイリスクな部位は、「歯と歯の間」。日常的なフロス、歯間ブラシによるリスクマネージメントが大切です。検診時、私達もまずそこをチェックします。

三次予防(修復処置とその維持)

人が歯を失う三大理由は「虫歯」「歯周炎」「歯根破折」です。本格的な治療が必要になった場合、これはリハビリテーションに属します。多くの場合、失った機能を人工物で補い機能を回復してゆく事になりますが、人工物である以上絶対という事はありません。その維持、管理が最も難しく高度な技術を要します。
通常年2~4回程度、場合によっては月に一度定期検診を受けて頂き、染め出しによる磨き残しの確認、フッ素塗布、PMTC、咬み合わせのコントロールにて対応してゆきます。

百瀬歯科医院の予防メニュー

百瀬歯科医院では、患者様ご自身とお子様のお口の健康のために徹底した予防処置を行っています。家族の健康のためにも、まずは自分自身のお口のケアをしっかり行いましょう。当院では、年に2~4回程度、患者様のお口の状態によっては月に1回の定期検診を受けていただき、徹底した予防処置を行っています。

PMTC

歯科医師や歯科衛生士が専用の機器を使用して行う歯のクリーニングです。仕上げにフッ素入り研磨ジェルを使うことで、虫歯予防にも高い効果が期待できます。

PMTCを行うことで、歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(1~3mm)のプラーク(歯垢)をすべて除去できます。さらに、ツルツルにみがき上げられた歯面には、プラークがつきにくくなります。

歯みがき指導
歯科衛生士などが行う、患者様に合わせた正しい歯みがき方法の指導です。歯並びやお口の状態によって、適切な歯みがき方法は異なります。正しい歯みがき方法を身につけることで、プラークを溜めることのない、清潔なお口の実現につながります。
噛み合わせチェック

噛み合わせが乱れていると、食事がしにくくなるだけでなくお口の周りの筋肉に悪影響が及び、結果として偏頭痛や肩の凝りや痛みを引き起こすことがあります。一種の生活習慣病だといえるかもしれませんが、こうした凝りや痛みの原因が噛み合わせであることに気づかない方も少なくありません。

まずは当院で噛み合わせをチェックし、早めに治療することが重要です。

大事なお子さんの歯を守るのは、親御さんです
小児予防についてはこちら

Hospital Information