親御さまと協力して子どもの歯を守ります

子どもが歯医者に行きたがらない……」「何歳頃から歯医者に通わせるべき?」「子どもが虫歯にならないためは何をするべき?」など、お子さまの歯に関して不安なことはありませんか? 世田谷区砧・成城の小児歯科専門医院「歯列育成クリニック」にご相談ください。当院の小児歯科では、親御さまと協力しながらお子さまのお口の健康を守っています。

歯医者に通うタイミング

はじめて歯科医院に来て、いきなり治療がはじまったらお子さまは歯医者さんに恐怖心を感じてしまうかもしれません。そうならないためにも日頃から定期検診を受診し、お子さまを歯科医院の雰囲気に徐々に慣れさせましょう。歯科医院に無理なくお子さまを通院させるには、虫歯になる前の予防歯科がおすすめです。

タイミング1 歯が生えはじめた頃(1歳半~3歳)

タイミング1 歯が生えはじめた頃(1歳半~3歳)

生後8ヶ月頃になると乳歯が生え始めます。1歳半頃になると上下の前歯が12本、奥歯4本の計16本が生え、2歳半~3歳に全乳歯20本が生え揃います。この時期に「1歳半検診」「3歳児検診」などの定期検診があるので、問題や心配なところがあれば一度歯科医院に相談してみるといいでしょう。

タイミング2 永久歯へ生え替わる頃

タイミング2 永久歯へ生え替わる頃

永久歯へ生え替わるころになると、お口の中に乳歯と永久歯が混在するので、歯の無い場所のブラッシングがしづらくなるので虫歯のリスクも高まります。また、顎の発達や歯並びの形成にも重要な時期になるので、3ヶ月に1度は歯科医院で定期検診をおこない口腔内環境を歯科医にチェックしてもらいましょう。

親御さんに協力していただきたいこと

お子さまが、歯医者を嫌いにならないために親御さまにも以下のことについてご協力ください。

「歯医者」にマイナスの印象を与えない 「悪いことをしたら歯医者に連れていくよ!」など、子どもが怖がるような伝え方はしないようにしてください。歯医者にマイナスのイメージがついてしまいます。
ウソをつかない お子さまには、歯医者にいく理由を正しく伝えてあげましょう。「今日は行くだけ」と伝えて、実際に治療などがはじまった場合、不信感を抱いてしまう場合があります。
ご予約はお子さまの機嫌がいい時に お昼寝や普段おやつをあげている時間帯は避け、お子さまの機嫌がいい時間帯に予約を取りましょう。
親御さまもリラックスしてください 親御さまにとって、お子さまのはじめての歯医者は緊張するもの――親御さまが緊張していると、お子さまも不安になってしまうので、まずはご自身もリラックスして来院ください。
「痛くない?」と聞かない 「痛くない?」「怖くない?」などの質問をすると、「痛い」「怖い」という言葉に反応してしまい、お子さんが不安を感じたり、我慢しきれずに泣いてしまったりすることがあります。
たくさん褒めてあげる 治療が終わったあとは、「よく頑張ったね」「えらかったね」など、お子さんをたくさん褒めてあげてください。自信がつき、次の治療も頑張れるようになれます。

当院の取り組み

当院の取り組み

当院では、お子さまの治療に対する不安を軽減するために歯医者に慣れてもらうことを大切にしています。当院の分院長は、2児の子を持つ母親なので親御さまの視点に立ち、お子さまの治療に取り組むことができますので、安心してお任せください。また当院ではすぐに治療をおこなうのではなく、お子さまとコミュニケーションをとり、治療に使用する道具や治療内容を丁寧に説明します。そのうえで、治療を進めるのでお子さまの緊張や不安も減り、親御さまにとっても安心です。

TOP PAGE