妊婦・授乳中の診療について

「妊娠中なので歯医者に行っていいかわかりません」「歯科治療を受けると子どもに影響はありますか?」などこのようなお悩みをお持ちではありませんか? 世田谷区砧・成城の小児歯科専門医院「歯列育成クリニック」では、妊婦さん授乳中のお母さまに知ってほしい歯科情報をご紹介します。

妊娠中のお口のケアが重要

妊娠中のお口のケアが重要

妊娠するとホルモンバランスが変化し、つわりや体調不良に陥ることがあります。そのため、お口の中の環境が変化し虫歯や歯周病になりやすい口腔内環境になってしまいます。

つわりの開始 つわりがはじまると、決まった時間に食事をとることが難しくなり、少しずつしか食事ができない状態になります。またブラッシングをすることも辛くなる場合があり虫歯のリスクも高まります。
ホルモンバランスの変化 妊娠すると女性ホルモンの分泌量が増加します。女性ホルモンには歯周病菌の増殖を促進させる性質があり、歯周病のリスクも高まります。
唾液量の減少 妊娠すると、唾液の分泌量が低下する傾向があります。唾液には口の中を自浄する効果があるので、歯の再石灰化が遅れ虫歯のリスクが高まります。
免疫力の低下 免疫力が低下すると、口腔内の細菌量が増殖しやすくなり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。
妊娠性歯周炎をご存じですか?

妊娠中の歯周病を「妊娠性歯周病」といい、母胎だけではなく、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。歯周病菌が血液を通じて子宮に伝わると、胎児の成長を妨げたり、子宮の筋肉に影響して陣痛に似た状態を招いて早産や低体重児の出産のリスクを高めたりするのです。

治療を受けるタイミング

妊娠初期(4ヶ月頃まで)

妊娠初期(4ヶ月頃まで)

つわりや切迫流産の危険性もある時期です。痛みや腫れなど、応急処置が必要な場合をのぞき、治療は安定期に入るまで待ちましょう。

妊娠中期(5~8ヶ月)

妊娠中期(5~8ヶ月)

安定期に入って、つわりの症状も落ち着くので治療に適した時期になります。虫歯や歯周病の自覚がなくても、安定期になったら一度定期検診を受診しましょう。

妊娠後期(8ヶ月以降)

妊娠後期(8ヶ月以降)

おなかが大きくなり、陣痛が起きてもおかしくない状態です。応急処置が必要な場合をのぞき治療は避け、出産後に落ち着いてから受けるようにしましょう。

妊娠中・授乳中の注意点

妊娠中
レントゲン撮影 歯科用のレントゲンは、放射線量も微量なため胎児への影響もありません。
お薬の使用 妊娠中の方には、基本的には内服薬をお出しすることはありません。症状によっては、母胎に影響が少ない薬品を医師や薬剤師に確認し提供する場合があります。
麻酔の使用 局部麻酔の場合は、胎児に影響もないといわれており治療で使用される場合があります。妊娠後期に入ると、早産の可能性が高まるケースがあるので、一度治療を中断する場合があります。
授乳中
レントゲン撮影 放射能の影響もほとんどなく、妊娠中よりも安心して治療を受けていただけます。
お薬の使用 内服薬は、母乳を通じて赤ちゃんの体内に入ってしまうので、授乳回数が多い乳児期にはあまり服用しないことをおすすめします。
麻酔の使用 局部麻酔のため母乳にも影響がなく、治療に問題はありません。

TOP PAGE