親御さまの予防意識と仕上げ磨きが大切です

お子さまをお口のトラブルから守るためには、家庭でのケアがとても重要です。お子さまは、自分だけでセルフケアをすることが難しいため、親御さまが仕上げ磨きをおこなったり、正しい知識をもとに予防をこころがけたりすることが必要不可欠です。こちらでは、世田谷区砧・成城の小児歯科専門医院「歯列育成クリニック」が、子どもの歯を守るために家庭でできる、お口のトラブルの予防方法をご紹介します。

家庭での仕上げ歯磨きがお子さまを虫歯から守ります

家庭での仕上げ歯磨きがお子さまを虫歯から守ります

小さなお子さまが、自分自身で丁寧に歯を磨くことは簡単ではありません。小学生くらいまでは、お子さまが歯みがきを終えたあと親御さまが「仕上げ磨き」をおこないましょう。

仕上げ磨きのポイント

ポイント1

歯ブラシは、ヘッドの小さなものを選びましょう。

ポイント2

歯並びに合わせてやさしくゆっくり、丁寧に磨きましょう。

ポイント3

膝のうえに頭を手前に寝かせて、歯の裏側の隅々まで丁寧に磨きましょう。

ポイント4

磨き残しがないように、歯を磨く順番を決めましょう。

ポイント5

生えたばかりの6歳臼歯は溝が深く、プラークが溜まりやすく虫歯になりやすいので、念入りに磨きましょう。

虫歯になりやすいところ

以下のような場所は、特に気をつけてブラッシングをしましょう。

奥歯の咬み合わせ 歯と歯の間 歯と歯ぐきの境目 歯と歯が重なったところ 歯と歯ぐきの間
奥歯の咬み合わせ 歯と歯の間 歯と歯ぐきの境目 歯と歯が重なったところ 歯と歯ぐきの間
特に注意したい部分
注意点1.治療した歯にできる虫歯

注意点1.治療した歯にできる虫歯

虫歯治療によって取り付けた詰め物・被せ物のまわりには、プラークが付着しやすく、それが原因で虫歯を再発させてしまう可能性があります。

注意点2.歯と歯ぐきの間の部分にできる虫歯

注意点2.歯と歯ぐきの間の部分にできる虫歯

歯と歯ぐきの間にはプラークが溜まりやすく、ブラッシングが十分できていないと、歯周病を進行させる場合があります。

母子感染にご注意

母子感染にご注意

生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内に、虫歯菌は存在しません。虫歯菌は、大人から感染することがほとんどで、キスなどのスキンシップやお子さまと同じ箸・スプーンの共有、大人が咬んだ食事をお子さまに与えることなどで感染してしまいます。このことを「母子感染」といいます。虫歯から守るために、まずはご家族全員が口腔内環境を整えることが大切です。そのうえで、お子さま専用のスプーンや食事を用意し、口移しは避けましょう。

親御さんの予防の意識が大切です

親御さんの予防の意識が大切です

ご家族でお口の健康を守るために大切なことは、病気になる前に予防するという意識をもつことです。定期検診や仕上げ磨きも重要ですが、お子さまのケアの意識を変えることもお口のトラブルを軽減するために大切です。お子さまの歯磨きが上手にできたら褒めてあげましょう。そうすることで、お子さまのブラッシングへの抵抗も減り、楽しみながらお口腔内のトラブルを予防することができます。

TOP PAGE